ポケモンメモリアル

TNあおしま。短時間で読めるものを書いていきたい。Twitter:@Nddiss

【0.5分で読める】メガ進化物理火力早見

 火力指数が高い順番に並べようかと思いましたが、そんなもの見てもどれくらいの火力なのかいまいちわかりにくいのでガブリアスに死んでもらうことでわかりやすくします。

最近は数を減らしているらしいガブリアスですが耐久の基準と考えられるはず。

以下、ガブリアスのタイプは何もないものとして耐久は無振り(183-115)で計算します。

 

 

 

f:id:tsppo:20170615122404p:image意地Aぶっぱミサイル針 → 165~195

f:id:tsppo:20170615120848p:image陽気Aぶっぱインファイト → 156~184

f:id:tsppo:20170615120319p:image意地Aぶっぱ捨て身タックル → 153~181

f:id:tsppo:20170615121424p:image意地Aぶっぱ逆鱗 → 153~181(↑と一緒)

f:id:tsppo:20170615120052p:image意地ぶっぱじゃれつく → 153~180

f:id:tsppo:20170615121150p:image意地Aぶっぱ飛び膝蹴り → 148~175

f:id:tsppo:20170623102038p:image意地Aぶっぱ捨て身タックル → 143~170

 

 

 

火力の近いところでいうとこの辺でしょうか。

耐久感覚に関してはガブリアス程度の耐久にどれくらい入るかというのを基準にすれば考えやすいかもしれませんね。

【3分で読める】雷Zラティオス

先日開催された仲間大会である紫月杯というのに参加させていただきました。(もう1週間も前の話であるが)

大会自体は7勝3敗最終21位で決勝に残れませんでしたが、色々な方やポケモンと出会うことができて自分に良い経験となったと思います。

 

そこで使用した地雷ラティオスです。

 

 

 

f:id:tsppo:20170602095449j:image

性:おくびょう

持:電気Z

努:c252 d4 s252

実:155 - × - 100 - 182 - 121 - 178

置き土産//サイキネ/流星群

 

特に言うことのないぶっぱ。

基本的には初手に出して雷Zで開幕テロをかましていく。(ダメージ計算は最後に書いときました)

 

リザードンY

ギャラドス

カプ・レヒレ

アシレーヌ

テッカグヤ

マリルリ

エアームド

 

PGLのKP50位前後であればこれらのポケモンを粉砕可能。

この型の利点は

本来ラティオスが勝てないポケモンを役割破壊しつつ自身の役割を放棄しない点

警戒されず通りやすい点である。

 

まず前者に関しては

雷Zで楽々処理をしつつメインウェポンであるサイキネ流星群の撃ち分けを可能にしている。

素の素早さもそれなりに高いため残しておけば上から龍に流星群撃ったりバナに サイキネを撃ったりできる。

さらに流星群を撃った後にでてくるマンダやガモス、メガギャラにも置き土産で退場できるので起点回避能力が高い。

 

後者に関しては

上に挙げたポケモンでいうと、アシレーヌカプ・レヒレラティオス相手に引くことはまずない。ラティオスを役割対象として選出されることが多いからである。

メガギャラは眼鏡流星群を耐久無振りでも耐えるので舞ってくる可能性が高い。

 

地雷だのテロだの先には書いたが、相手のポケモンを1体消してしまえるのは大きなメリットが生じる。

特にサイクルを回すようなのを仕留められれば数的有利を取り勝利に近くであろう。

 

 

 

良いところばかり書いたものの欠点を挙げるとすれば

Z枠を割く点やZにしてはゴリ押しが効く火力ではない点であろうか。

 

まぁとにかく初手テロが決まった時の爽快感がたまらないのである。

これだからポケモンは楽しいんだ…!

 

 

 

 

 

【ダメージ計算】

以下すべて雷Z

 

無振りメガギャラ←確定1発 170~200

H振りレヒレ←乱数1発(75%) 170~200

H振りアシレーヌ←確定1発 187~200

H振りテッカグヤ←確定1発 210~248

 

メガギャラとアシレーヌがちょうど確1なあたり気持ちいいですね。

テッカグヤはD振り、チョッキなどがか考えられるため落とせない時もあります。

 

 

【単体考察】†剣舞ナットレイ†

【悲報】最終レート1500台

 

悲しいなぁ…。

 

 

 

 

シーズン3は連敗の反動でメンタルを破壊され再起不能となったあおしま氏。

しかしそんな彼はあるポケモンに可能性を感じたまま息を引き取ったのだった…!

 

 

f:id:tsppo:20170512145917j:image 

その名も、†剣舞ナットレイ

 

 

経緯としては

 

テテフ対策でナットレイ使おう。技どうしようかな 。

宿り木ジャイロ草技は確定としてあと一枠空いてるなぁ

守るは自分で使うと読まれそうだから入れたくないなぁ

となるとどんな技入れても変わらんし何でもいいか

ん?

 

 

 

剣の舞でいいじゃん!

 

 

 

 

 

 というわけで生まれた闇のポケモンがこちら↓

ナットレイ 

性格:なまいき

特性:てつのトゲ

努力値:h252 a4 d252

実数値:181-115-151-×-184-22

つるぎのまい/やどりぎのタネ/タネマシンガン/ジャイロボール

 

【S】

個体値0最遅

 

剣の舞は本来ポケモンの突破力を上げるための技であるが、ここでは相手に好き放題させない圧力をかけるための剣の舞としている。

具体例をあげればボーマンダに対して無限に舞わせないためである。

展開としては

①宿り木に対してマンダを後投げされる

②マンダが舞うターンに†剣の舞†

③A1段階upのジャイロと宿り木のダメージを考えるとマンダには舞う余裕がなくなる

④マンダは死ぬ(唐突)

というのを想定している。

ピンポイントすぎる?細けぇこたぁいいんだよ!

 

ちなみにタネマシンガンを採用しているのでグライオンオニゴーリの突破も見えてくる。(ギロチンや零度は知らん)

 

 

 

Q.Bに振った方が良くないか?

良くない(断定)

あくまで役割対象はテテフであり、マンダに対しては為す術もないような状況を避けるためのこの構成であって

引き先がいるのであれば引いた方が良い。

要は本来の役割を放棄してはいけないのでHD振りである。

 

 

 

Q.のろいでも良いのではないか?

ナットレイの積み技としては鈍いがある。A,Bを1段階あげる(ついでにSを下げる)積み技であるがボーマンダを意識するなら鈍いの方が良いのではないか?ということである。

 

まずはこれを見て頂きたい。

【ダメ計】

 A1段階upジャイロボール→無振メガボーマンダ

97~115 確定二発

 

通常ジャイロボール↑と同条件

66~78 確定三発

 

ボーマンダの後投げによる威嚇を考慮するとこのようなダメージになる。

先でも述べたが今回の剣の舞の採用は相手に圧力をかけていくことなのでBが1段階上がるとしても、圧力という点で鈍いはいささか不安な火力である。

さらにこれはボーマンダ側が無振り想定であり、耐久に努力値を割いていることも考慮すると威嚇で下がった分を打ち消すことしかできない鈍いではいけないのである。

 

 

 

 

 

 思いがけない高火力で相手を崩そう!

マンダの文字は避けましょう^^

カメックスを使ってみた

突然カメックスに愛着が湧いてきたため使用感について書いていこうと思います。

 

 

【採用理由】

波動技の威力が1.5倍になる「メガランチャー」。ここに注目しました。

要はサブウェポンの火力増強になるってことで、カメックスだと適応される技に「はどうだん」「あくのはどう」などがあります。

「みずのはどう」も適応されますが元の威力が低く、タイプ一致合わせても威力135 + 20%混乱効果にするくらいなら火力を求めて「ハイドロポンプ」でも良いのではないかと思いました。

はどうだん」「あくのはどう」それぞれが威力120の技となれば威力は十分でしょう。

特にそこそこ通りの良い悪技をこの火力で撃てるのはタイプ一致悪波使いくらいです。

今回は「あくのはどう」と水技の範囲の広さを生かして育成しました。

 

 

【使用個体】

性格:ひかえめ

努力値:H36 B4 C252 D4 S212

実数値:159 - 110 - 141 - 205 - 136 -125

 アクアジェット/れいとうビーム/あくのはどう/ハイドロポンプ

 

H,8n-1

B,陽気バシャのZ飛び膝15/16耐え

C,ぶっぱ

S,最速バンギ抜き、S調整レヒレ抜き

 

アクアジェット採用により対面性能の向上…!圧倒的向上…!

波動弾を入れる技スペがなかったのだ。

耐久値がそこそこ高いため調整しようかと思いましたがいくら努力値を割いても

あらゆる攻撃が確二から確三になりそうにもなかったのでこんな感じに落ち着きました。

Sは最速でないヒートロトムはこの辺りまで振ると抜けるようになるのでそれ意識。

 

 

【使った結果】

そんなに強くなかった。使い方が悪いだけかもしれないけど。

 

原因① 技範囲

水悪の技範囲は優秀だと思ったがレヒレにまったく負荷がかからないのが問題であった。

ほぼ無限に後出しされるのでレヒレがいる時点で選出できないのと同義。

 

原因② 火力面

思ったより火力がなかった。

C実数値200近くで最大火力が威力165のドロポンだと他のメガシンカと比べると低火力といえる。

サブウェポンの火力に期待するも悪波でナットレイ辺りが確二になったりするわけでもない。

 

強かった部分は

①対面性能

弱点を突かれない限りとりあえず一発は耐える。返しの技とアクアジェットで対面性能が高い。

特にマンダマンムーガブランド辺り(ランドは蜻蛉で帰られそうだが)にはとても強い。

 

②対クレセドラン

悪波と水技を連打してれば押していける

 

 

 

 

 

以上!終わり!解散

 

 

弱くはなかったんだけど他のメガシンカと比べるとどうしても見劣りしてるように感じてしまう…

うまい使い方、教えてクレメンス

【シーズン3序盤】怒涛の挑発4枚【テラリザ構築】

どうもあおしまです。

シーズン3が始まってから5日ほどで序盤元気マンして1800くらいまで上げたんですが、

時間を空けて潜ったら強い人達がそのレート帯に上がってきていて負けまくって1500代に引きずり落とされました。(怒り)

多分この先使うことはないので公開!

 

f:id:tsppo:20170407235459j:image

 パーティコンセプトは挑発で相手のやりたいことを邪魔しながらリザやガルーラで相手のパーティをTブレイク!

みたいな感じです。

相手にステロを絶対に撒かせたくない強い意志を持ち続けました。

 

 

 

 

【個別紹介】

わざわざ書かなくてもわかるような特性や道具は書きません。

 

★挑発マン1号

f:id:tsppo:20170408001044g:image

性格:ようき

道具:きあいのタスキ

努力値:A252 S252 D4

実数値:166-181-110-×-111-176

ステルスロック/挑発/岩石封じ/インファイト

 

D.DL調整

 

構築の基盤。起点作り。

前シーズンからテラキオンを使って起点作りをする構築記事をいくつか見たのでさぞかし使いやすいのだろうと思い使ってみた。

まぁ強いこと強いこと。

Sが速いおかげでステロを撒くという仕事は最低限できる。

とりあえず先発に出して

・自分より速そうなのには岩封

・起点を作ってきそうなのには挑発

・ポリ2ルカリオにはインファ

という選択を意識した。

火力もそこそこあるインファのおかげで削りもできる。

マンムー対面はとても難しいです。

マンムー側に礫がある以上こちら側が一方的に狩られるので

そこのみを考えるなら電光石火を入れてもいいと思いました。

 

 

 f:id:tsppo:20170408005659g:image

性格:ようき

努力値:H172 A84 S252

実数値:175-161-131-×-105-167

羽休め/竜の舞/ドラクロ/フレドラ

 

H.8n-1

S.最速

 

パーティのエース。耐性を生かして竜舞を積んでいく。

Aにまったく振っていないので火力が不安だったがそれでもフレドラでミミッキュを1発で飛ばせるくらいにはある。

最速であるため竜舞を積んでしまいさえすればテテフも抜けるので全抜き体勢も整えやすい。

コケコやレボルトの前では安定して積めた。ガブには気をつけよう。

苦手なのはレヒレやアシレーヌカバルドンなど。

 

 

★挑発マン2号

f:id:tsppo:20170408010159g:image

性格:ようき

特性:威嚇

道具:ひこうZ

努力値:H4 A252 S252

実数値:171-177-99-×-120-146

龍の舞/挑発/滝登り/飛び跳ねる

 

地雷枠。のつもりだったがPGLだと持ち物ランキングで4位だった。しかしまったく読まれない。 

フシギバナやブルルを粉砕する枠。

基本的なギャラだとこれらの相手に有効打はないのでめちゃくちゃ出てくる。

だがこれらはリザで処理すればいいので通りの良い高火力飛行技を押し付ける目的で採用。

レヒレやクレセをゴリ押ししていく。楽しい!

陽気である理由は1舞 滝登りでコケコをステロ込みで37.5%で1発、怯みも考えるとまぁそこそこ倒せると思った。

コケコはスカーフだらけだからそんなうまくもいかないね!

 

 

f:id:tsppo:20170408011742g:image

性格:ようき

努力値:A252D4S252

実数値:180-177-120-×-121-167

猫騙し/岩石封じ/地震/捨て身タックル

 

D.DL調整

 

6世代の王。

初手のテテフやマンムーに勝てるように入れた。

リザで相手ができないドランに強くするための地震とパルを涙目にするための岩石封じ、とりあえず撃っとく猫騙しといった構成。

グロウを入れなかったためにクセレドランを崩せない、ナットが相手のptにいた場合ガルに炎技がないのでリザを出さざるを得ない状況が多発したので

グロウ炎拳地震捨て身とかで良かったと思いました。(反省)

雑に上から捨て身撃ってるだけでも強かったんですけどね。

 

 

★挑発マン3号

f:id:tsppo:20170408012647g:image

性格:おくびょう

特性:あまのじゃく

努力値:H196 B140 S252

実数値:175-×-133-95-115-170

光合成/リフレク/挑発/リフスト

【ポケモンSMシングルS2】最高2006 ミトムランドドラン(最後はお察し) - ポケモンメモリアル

このジャローダと一緒。

相手のガルーラを処理したりクレセやポリ2を起点に全抜きを狙える。

 

 

★挑発マン4号

f:id:tsppo:20170408012854g:image

性格:いじっぱり

道具:フェアリーZ

努力値:H228 A252 B20 D4 S4

実数値:159-156-103-×-126-117

呪い/挑発/影打ち/戯れつく

 

H.8n-1

B.陽気1舞メガギャラの噛み砕くを15/16の確率で耐え

 

どんな型でも強いですねミミッキュ

じゃれZのおかげで役割範囲を強引に広げられた。

 

 

【選出】

①基本選出

テラキオン + リザX + ジャロ or ギャラ

②対受けループ

テラキオン + ジャロ + ギャラ

③対テテフパル

ガルーラ + ギャラ + α

 

 

 

 

 

 

おわり!

マンムーがゲロ重すぎて途中負けまくりました…。

自分はステロを相手側に撒かれる=ほぼ負ける くらいの意識でやっていたのが自分の中で経験不足だと感じました。

岩4倍を使ってる以上ステロ撒かれた時の勝ちのルートがうまく考えられないんですよね。

あとテラキオン リザードン自体はとても強いポケモンなので取り巻きのポケモンの選び方が悪かったかも。

 

次がんばりましょう。

 

 

 

 

【ポケモンSMシングルS2】最高2006 ミトムランドドラン(最後はお察し)

ー 目次 ー

1.パーティ並びと結果

2.個別紹介

3.選出

4.無理な相手

5.感想

 

 

 

1.【パーティ並びと結果】

f:id:tsppo:20170321104552p:image

あおしまですどうも。

ウォッシュロトムと霊獣ランドロスでとんボルしていい感じに回すパーティを目指し、

レートを始めてから初2000超えを達成しました。(一瞬。詳しくは感想で)

最終は1904。悔しい!

 

 

 

 

【個別紹介】

f:id:tsppo:20170321073331j:image

おくびょう

171(4)-×-150-172(252)-110-189(252)

 選出率5位

 

普通のCS特殊マンダ。パーティ唯一のメガ枠。

バナを簡単に処理できると意図して採用。

大文字を持つことでルカリオグロス、ナットなども強引に役割対象にしている。

身代わりは初手のカバ対面で欠伸を回避し

A1段階ダウンの岩封を身代わりが確定耐え。

この後にHBカバであればハイボハイボで倒せるが、レート帯が上がる&シーズン終盤になるとHDカバ&吹き飛ばし持ち個体だらけで決まる回数が減ったので厳しかった。

 

 

 

f:id:tsppo:20170321074857j:image

ずぶとい

156(244)-×-156(120)-140(116)-127-110(28)

選出率3位

※1.10万のところが毒々になったりした。

※2.B個体値は30

 

元々はシュカランターンだった枠。

マンダマンムーに対してうまく動かせなかったため替えたらランドと相性がそこそこよく動かしやすかった。

B方面は特化バシャの飛び膝Zを最高乱数以外で耐え、マンダの攻撃もオボンのおかげで2,3回は後投げできる。

C方面は有名なチョッキマンムー(調整は忘れた)に対してドロポンで確二を取りつつ、耐久に振られたマンムーバシャに確一を取れるようにした。

またボーマンダに対しては毒とめざ氷によって

起点にされて舞われまくるのを回避できる。(身代わりは知らん)

※の通り10万と毒は入れ替えて使っていて、

10万はカグヤやレヒレに対して居座りながら電気技を撃てるので使いやすさが増した。(カグヤは宿り木を受けてからボルチェンで帰るといった動きができる)

 

それにしてもタイトルに挙げられてるにもか関わらず最後にパーティ入りとは如何なものなのか…

 

 

 

f:id:tsppo:20170321080504j:image

ようき

131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)

 選出率6位

 

よくいるZミミッキュ。技もいたって普通。

Wロトムが入る前にマンムーがゲロ重だったので上を取れるように陽気にしたのだが、

シーズン終了直前に意地でも抜けることが判明した。

ただミミッキュミラーで自信持って居座って上から殴れるのでその点だけでも陽気にした価値はあったと思う。

種族値且つ陽気であるが故に剣舞を積んだゴーストZでも思ったより削れない事は多々あり、火力には悩まされた。

 

 

 

f:id:tsppo:20170321081408j:image

おくびょう

175(196)-×-133(140)-95-115-170(172)

 選出率4位(マンダとほとんど差はない)

 

ガルーラが無理なことに気づきキノガッサに代わって入れたが予想以上に活躍してくれた。

Sは最速ガブ抜き、Hは8n-1で残りをBに振りきった。

ジャローダの代名詞とも呼べる蛇睨みは初め入れていたものの、

・挑発が欲しい場面の方が多い

・蛇睨みを撃てるタイミングがない

などの理由により挑発に替えた。

蛇睨みがある場合はバンドリに強くなる。

ミミッキュに対しては挑発から入ることで剣舞や呪いを防ぎつつリフレクターで完璧に受けることができ、

ガブやガルーラに対しても滅法強く立ち回れた。

中盤から数を増やしたグロス、まあまあいるギャラに対しても壁の活用で強く立ち回ることができる。

 

 

 

 f:id:tsppo:20170321083432j:image

いじっぱり

167(20)-214(236)-115(36)-×-101(4)-138(212)

 選出率2位

 

地面枠として入れた霊獣ランドロス。威嚇とスカーフの相性がよく使いやすい。

 

無振りミミッキュに対しての地震は9/16で確一。

が、実際は耐久に振られてる、襷を持ってる、いい乱数引かれて耐えられるなどであまりうまく働いた場面がなかった。

B方面はミミッキュの1段階上昇(威嚇で下げるのを想定)の戯れ+影打ちを高乱数耐え。

シーズンが終わってから気づいたのだがSの調整が135族抜き(メガライボやメガミミロップ)になっており、まったく意味のないものになっていた。 

このランドロス努力値調整は反省しかない。

 

 

 

f:id:tsppo:20170321085122j:image

おだやか

193(212)-×-127(4)-155(36)-156(124)-114(132)

 選出率1位

 

対テテフの駒。耐久殺し。

ORASの頃から愛用していたHDドラン。サンダーやポリゴン2などの耐久組に毒守を仕掛けていく。

Sは準速61族、凍風スイクン抜き。凍風スイクンに一回も会わなかったが。

受けルのラッキーに対する回答でもあり、

マグストで拘束→毒を盛る→挑発で卵産みを封じるで完封することができる。(ハピナスも同じように倒せるが一回抜け殻ハピにいい様にされた。)

またテテフやガルド、ゲンガーなどにも後投げが利くパーティ唯一のポケモンであるため選出率が馬鹿高かった。

ちなみにガルドのシャドボZ+影打ちは耐える。

この他にも水Zのないパルの攻撃や壁下でのカグヤの地震を耐えてマグストで強引に突破したりと

無茶なプレイングをさせまくったのでパーティで一番過労死したことだろうと思う。

 

 

 

 

3.【選出】

①基本選出

Wロトム+ランド+ドラン

テテフが初手に来た場合は速攻でドランを投げる。

②カバ展開

マンダorジャロ+ランド+α

マンダは身代わりハイボ、ジャロは挑発で起点阻止を狙う。

③対受けル

ジャロ+ドラン+α

 挑発しながらゴツメとリフストでゲンガー以外はどうにでもなる。

 

 

 

 

4.【無理な相手】

フェローチェ

マンダ、ジャロ、ランド、ドラン全員が上から弱点を突かれる。

ミミッキュで皮を盾に対処したいが蜻蛉されるので厳しい。

 

ウツロイド

マンダ、ランド、ジャロが上から弱点突かれる。

ドランから有効打はなくロトムでも倒しきることができない。

ミミッキュに頼るしかない。

 

・めざ氷バシャ

ミミッキュ、Wロトム以外誰も受けられない。

マンダの身代わりでうまいこと誤魔化したいが、バシャ側が守る読み補助技読みめざ氷をやってくるので厳しい。

 

・素催眠ゲンガー

ラム持ちも眠り無効フィールド持ちもいないので避けなきゃ負けます。

 

 

 

 

5.【シーズン終了後の感想】

端的に言えば構築に関してはストレスなくできました。

過去作解禁によってORAS時代の型や技や種族が使える様になり

使い慣れていたものが使えたのでそこのところは満足です。

 

レート対戦に関して言えば悔しいの一言に限ります。

2000に乗せて写真に収めようとしたらマッチング後負けて1900台に戻り、その後はうまく勝ちあがれずに

結局戻ることはできませんでした。(2000にいた期間わずか5分)

パーティ自体に欠陥が多数あるため1900に来るだけでも運が良かったのかもしれませんが

2000に1度でも届いたのであれば最後もそこで終わりたかったものです。

シーズン3では目標を高く持って励みたいと思います。

f:id:tsppo:20170321135524j:image

次は最高レート出したら

PGLが反映されるまで待つか急いで画面キャプチャしようと思います。†戒め†

 

 

長くなりましたがここまで読んでくれた方々、及び対戦してくれた方々ありがとうございました。