ポケモンメモリアル

TNあおしま。短時間で読めるものを書いていきたい。Twitter:@RosaryImpala

【ときメモ2】 赤井ほむらで学年最高順位を目指す

f:id:tsppo:20170819105907j:image

赤井ほむらでテスト順位トップを目指します。

ほむらを使う理由は普通のプレイだと成績が悪すぎるので上げたら面白いのでは?と思った次第です。

 

 

【ルール】

・赤井ほむらを使用する

・最高順位なのでどの時期でも良い(3年目期末になるのが普通であるが)

・点数も記録はするがあくまで目指すのは順位である

・バグ、メモリ破壊などは禁止

 

 

 

◯現在最高記録

使用ROM:VITAアーカイブス ベスト版

3年目期末 61位 337点

f:id:tsppo:20170819104736j:image

あおしま on Twitter: "3年目光の順位を追い抜くほむら https://t.co/hqegYZQyel"

 

【5分で読める】S4 1999 鈍いカバルドン入り

1くらい負けてくれよ〜頼むよ〜

f:id:tsppo:20170717230739j:image

△これしか画像ないから勘弁

f:id:tsppo:20170717202738j:image

△使用パーティ

 

最高レート1999で最終は1874でした。

個人的に最高の方は惜しかったなという感じですが最終の方はうんちですね。

 

 

【構築までの過程】

今最も強いと思われるメガ枠のバシャーモボーマンダに強いポケモンを最初に入れよう

→ゴツメカバですね

 

ゴツメカバ入りの並びを探したら「カバリザXガルーラコケコガルドレヒレ」があり、コケコの枠をテテフにしたらしっくり来た。

電気タイプの技は地面に吸われまくるのであんまり好きじゃないです。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 【個体達】

f:id:tsppo:20170710000337p:imagef:id:tsppo:20170710000845p:imageわんぱくHB

215-132-187-×-92-68

怠ける/鈍い/氷の牙/地震

バシャやマンダを受けるためにHB。

後投げからメガバシャの膝・メガマンダの捨て身を二耐えします。

メガバシャの増加により草Z個体が減ったのかシーズン通して撃たれる事もなく安定してバシャに強かった。

氷の牙を採用することでラス1でランドやマンダ相手にカバで詰めるという動きが取れる。

マンダに対してはカバの鈍いにより羽休め連打で粘られることをケア。(というかそのためだけに鈍い搭載した。)

このカバルドンが対峙したボーマンダに負けることは特殊マンダ以外は一度としてなかった。

 

 

f:id:tsppo:20170710000345p:imagef:id:tsppo:20170710000900p:imageようきHaS

175-161-131-×-105-167

羽/竜舞/雷p/フレドラ

竜技を抜いてみた

レヒレがいる以上、選出の幅を広げるために相性の悪い竜技ではなく雷pを採用。

このパーティでは竜技を撃ちたい相手(バシャやマンダ、ガブなど)は裏のカバで処理し、ギャラやレヒレに打点を持てるようにした。

コケコに強いメガ枠ということで採用した。

 

ちなみに竜技を抜いたリザXは珍しいわけではないが、空いた枠に雷pを入れている人は記事を読み漁った限り見なかった。

 

 

f:id:tsppo:20170710000352p:imagef:id:tsppo:20170710000926p:imageいじっぱりAS

181-192-121-×-122-152

猫騙し/冷凍p/地震/捨て身タックル

マンダランドに隙を見せない冷凍pと最高火力の猫捨て身、そしてドランを粉砕する地震を採用。

リザへの警戒からガルを舐めた選出をされることもあり、捨て身だけ撃って勝てる試合もそれなりにあった。

 

 

f:id:tsppo:20170710000439g:imagef:id:tsppo:20170710000937p:imageおくびょうCS 

145-94-95-182-136-161

めざ炎/ムンフォ/ショック/サイキネ

対面性能・火力の両方を備えた襷型。

襷を持つことで強引な突破やストッパーとしての機能を果たした。

今パーティでは主に初手アシレーヌウルガモスの処理とメガギャラストッパーが多かった。

 

 

f:id:tsppo:20170710000449p:imagef:id:tsppo:20170822030653p:imageいじっぱりHAs

159-222-171-×-172-87

剣舞/影打ち/聖剣/シャドクロ

剣舞シャドクロZでほとんどのポケモンが吹き飛ぶ。

身代わり持ちがとても多かったのであまり出せなかった。

 

 

f:id:tsppo:20170710000457g:imagef:id:tsppo:20170717114826p:image図太いHBs

177-×-176-115-150-113

挑発/瞑想/波乗り/ムンフォ

普通のよくいるレヒレ。

対峙する相手のレヒレのほとんどに上を取られて瞑想を積まれまくったのでSラインを上げるべきかもしれない。

全体的にきついスイクソなどの水タイプやポリ2クレセのような低下力特殊ポケ、地面タイプの相手を担当。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【きついポケモン

f:id:tsppo:20170712011150p:imagef:id:tsppo:20170712011511p:imageメガギャラ and ギャラ

リザXの竜舞雷pやレヒレで受ける、テテフでストッパーとか色々対処法はあるがきついものはきつい。

 

f:id:tsppo:20170712010745p:image加速バトンバシャ + レボルト,ギャラなど

カバで受けに行ったらバトンで逃げられる。悲しい。

 

 f:id:tsppo:20170712010814g:imageZ持ちコケコ

リザXが先にメガ進化する必要があるため選出の幅が狭まる。

 

f:id:tsppo:20170717224352p:imagef:id:tsppo:20170717224354g:imageドラン + カグヤ

ドランはガルーラ、カグヤはリザで倒すようにしてるのでどっちもいると困る。

 

他にもポリゴン2とかナットレイとかきついです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【まとめとか感想とか】

パーティというより単体性能が高いポケモンの寄せ集めみたいになってしまいました。

強いことは強いのですが、シナジーがあまりないというかなんというか。

あと特に意識したわけではないんですが命中不安技がカバの氷の牙しかないので技外しによる負けがなくストレスが溜まらないのがいいところですね。序盤使うには向いてるような。

 

結果はあれでしたけどこの鈍いカバルドンにはめちゃくちゃ可能性感じました。

ただカグヤとかクレセリアには積んだところで勝てないので悩ましいですね。

 

 

【3分で読める】雷Zラティオス

先日開催された仲間大会である紫月杯というのに参加させていただきました。(もう1週間も前の話であるが)

大会自体は7勝3敗最終21位で決勝に残れませんでしたが、色々な方やポケモンと出会うことができて自分に良い経験となったと思います。

 

そこで使用した地雷ラティオスです。

 

 

 

f:id:tsppo:20170602095449j:image

性:おくびょう

持:電気Z

努:c252 d4 s252

実:155 - × - 100 - 182 - 121 - 178

置き土産//サイキネ/流星群

 

特に言うことのないぶっぱ。

基本的には初手に出して雷Zで開幕テロをかましていく。(ダメージ計算は最後に書いときました)

 

リザードンY

ギャラドス

カプ・レヒレ

アシレーヌ

テッカグヤ

マリルリ

ドヒドイデ

 

PGLのKP50位前後であればこれらのポケモンを粉砕可能。

この型の利点は

本来ラティオスが勝てないポケモンを役割破壊しつつ自身の役割を放棄しない点

警戒されず通りやすい点である。

 

まず前者に関しては

雷Zで楽々処理をしつつメインウェポンであるサイキネ流星群の撃ち分けを可能にしている。

素の素早さもそれなりに高いため残しておけば上から龍に流星群撃ったりバナに サイキネを撃ったりできる。

さらに流星群を撃った後にでてくるマンダやガモス、メガギャラにも置き土産で退場できるので起点回避能力が高い。

 

後者に関しては

上に挙げたポケモンでいうと、アシレーヌカプ・レヒレラティオス相手に引くことはまずない。ラティオスを役割対象として選出されることが多いからである。

メガギャラは眼鏡流星群を耐久無振りでも耐えるので舞ってくる可能性が高い。

 

地雷だのテロだの先には書いたが、相手のポケモンを1体消してしまえるのは大きなメリットが生じる。

特にサイクルを回すようなのを仕留められれば数的有利を取り勝利に近くであろう。

 

 

 

良いところばかり書いたものの欠点を挙げるとすれば

Z枠を割く点やZにしてはゴリ押しが効く火力ではない点であろうか。

 

まぁとにかく初手テロが決まった時の爽快感がたまらないのである。

これだからポケモンは楽しいんだ…!

 

 

 

 

 

【ダメージ計算】

以下すべて雷Z

 

無振りメガギャラ←確定1発 170~200

H振りレヒレ←乱数1発(75%) 170~200

H振りアシレーヌ←確定1発 187~200

H振りテッカグヤ←確定1発 210~248

 

メガギャラとアシレーヌがちょうど確1なあたり気持ちいいですね。

テッカグヤはD振り、チョッキなどがか考えられるため落とせない時もあります。

 

 

【ポケモンSMシングルS2】最高2006 ミトムランドドラン(最後はお察し)

ー 目次 ー

1.パーティ並びと結果

2.個別紹介

3.選出

4.無理な相手

5.感想

 

 

 

1.【パーティ並びと結果】

f:id:tsppo:20170321104552p:image

あおしまですどうも。

ウォッシュロトムと霊獣ランドロスでとんボルしていい感じに回すパーティを目指し、

レートを始めてから初2000超えを達成しました。(一瞬。詳しくは感想で)

最終は1904。悔しい!

 

 

 

 

【個別紹介】

f:id:tsppo:20170321073331j:image

おくびょう

171(4)-×-150-172(252)-110-189(252)

 選出率5位

 

普通のCS特殊マンダ。パーティ唯一のメガ枠。

バナを簡単に処理できると意図して採用。

大文字を持つことでルカリオグロス、ナットなども強引に役割対象にしている。

身代わりは初手のカバ対面で欠伸を回避し

A1段階ダウンの岩封を身代わりが確定耐え。

この後にHBカバであればハイボハイボで倒せるが、レート帯が上がる&シーズン終盤になるとHDカバ&吹き飛ばし持ち個体だらけで決まる回数が減ったので厳しかった。

 

 

 

f:id:tsppo:20170321074857j:image

ずぶとい

156(244)-×-156(120)-140(116)-127-110(28)

選出率3位

※1.10万のところが毒々になったりした。

※2.B個体値は30

 

元々はシュカランターンだった枠。

マンダマンムーに対してうまく動かせなかったため替えたらランドと相性がそこそこよく動かしやすかった。

B方面は特化バシャの飛び膝Zを最高乱数以外で耐え、マンダの攻撃もオボンのおかげで2,3回は後投げできる。

C方面は有名なチョッキマンムー(調整は忘れた)に対してドロポンで確二を取りつつ、耐久に振られたマンムーバシャに確一を取れるようにした。

またボーマンダに対しては毒とめざ氷によって

起点にされて舞われまくるのを回避できる。(身代わりは知らん)

※の通り10万と毒は入れ替えて使っていて、

10万はカグヤやレヒレに対して居座りながら電気技を撃てるので使いやすさが増した。(カグヤは宿り木を受けてからボルチェンで帰るといった動きができる)

 

それにしてもタイトルに挙げられてるにもか関わらず最後にパーティ入りとは如何なものなのか…

 

 

 

f:id:tsppo:20170321080504j:image

ようき

131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)

 選出率6位

 

よくいるZミミッキュ。技もいたって普通。

Wロトムが入る前にマンムーがゲロ重だったので上を取れるように陽気にしたのだが、

シーズン終了直前に意地でも抜けることが判明した。

ただミミッキュミラーで自信持って居座って上から殴れるのでその点だけでも陽気にした価値はあったと思う。

種族値且つ陽気であるが故に剣舞を積んだゴーストZでも思ったより削れない事は多々あり、火力には悩まされた。

 

 

 

f:id:tsppo:20170321081408j:image

おくびょう

175(196)-×-133(140)-95-115-170(172)

 選出率4位(マンダとほとんど差はない)

 

ガルーラが無理なことに気づきキノガッサに代わって入れたが予想以上に活躍してくれた。

Sは最速ガブ抜き、Hは8n-1で残りをBに振りきった。

ジャローダの代名詞とも呼べる蛇睨みは初め入れていたものの、

・挑発が欲しい場面の方が多い

・蛇睨みを撃てるタイミングがない

などの理由により挑発に替えた。

蛇睨みがある場合はバンドリに強くなる。

ミミッキュに対しては挑発から入ることで剣舞や呪いを防ぎつつリフレクターで完璧に受けることができ、

ガブやガルーラに対しても滅法強く立ち回れた。

中盤から数を増やしたグロス、まあまあいるギャラに対しても壁の活用で強く立ち回ることができる。

 

 

 

 f:id:tsppo:20170321083432j:image

いじっぱり

167(20)-214(236)-115(36)-×-101(4)-138(212)

 選出率2位

 

地面枠として入れた霊獣ランドロス。威嚇とスカーフの相性がよく使いやすい。

 

無振りミミッキュに対しての地震は9/16で確一。

が、実際は耐久に振られてる、襷を持ってる、いい乱数引かれて耐えられるなどであまりうまく働いた場面がなかった。

B方面はミミッキュの1段階上昇(威嚇で下げるのを想定)の戯れ+影打ちを高乱数耐え。

シーズンが終わってから気づいたのだがSの調整が135族抜き(メガライボやメガミミロップ)になっており、まったく意味のないものになっていた。 

このランドロス努力値調整は反省しかない。

 

 

 

f:id:tsppo:20170321085122j:image

おだやか

193(212)-×-127(4)-155(36)-156(124)-114(132)

 選出率1位

 

対テテフの駒。耐久殺し。

ORASの頃から愛用していたHDドラン。サンダーやポリゴン2などの耐久組に毒守を仕掛けていく。

Sは準速61族、凍風スイクン抜き。凍風スイクンに一回も会わなかったが。

受けルのラッキーに対する回答でもあり、

マグストで拘束→毒を盛る→挑発で卵産みを封じるで完封することができる。(ハピナスも同じように倒せるが一回抜け殻ハピにいい様にされた。)

またテテフやガルド、ゲンガーなどにも後投げが利くパーティ唯一のポケモンであるため選出率が馬鹿高かった。

ちなみにガルドのシャドボZ+影打ちは耐える。

この他にも水Zのないパルの攻撃や壁下でのカグヤの地震を耐えてマグストで強引に突破したりと

無茶なプレイングをさせまくったのでパーティで一番過労死したことだろうと思う。

 

 

 

 

3.【選出】

①基本選出

Wロトム+ランド+ドラン

テテフが初手に来た場合は速攻でドランを投げる。

②カバ展開

マンダorジャロ+ランド+α

マンダは身代わりハイボ、ジャロは挑発で起点阻止を狙う。

③対受けル

ジャロ+ドラン+α

 挑発しながらゴツメとリフストでゲンガー以外はどうにでもなる。

 

 

 

 

4.【無理な相手】

フェローチェ

マンダ、ジャロ、ランド、ドラン全員が上から弱点を突かれる。

ミミッキュで皮を盾に対処したいが蜻蛉されるので厳しい。

 

ウツロイド

マンダ、ランド、ジャロが上から弱点突かれる。

ドランから有効打はなくロトムでも倒しきることができない。

ミミッキュに頼るしかない。

 

・めざ氷バシャ

ミミッキュ、Wロトム以外誰も受けられない。

マンダの身代わりでうまいこと誤魔化したいが、バシャ側が守る読み補助技読みめざ氷をやってくるので厳しい。

 

・素催眠ゲンガー

ラム持ちも眠り無効フィールド持ちもいないので避けなきゃ負けます。

 

 

 

 

5.【シーズン終了後の感想】

端的に言えば構築に関してはストレスなくできました。

過去作解禁によってORAS時代の型や技や種族が使える様になり

使い慣れていたものが使えたのでそこのところは満足です。

 

レート対戦に関して言えば悔しいの一言に限ります。

2000に乗せて写真に収めようとしたらマッチング後負けて1900台に戻り、その後はうまく勝ちあがれずに

結局戻ることはできませんでした。(2000にいた期間わずか5分)

パーティ自体に欠陥が多数あるため1900に来るだけでも運が良かったのかもしれませんが

2000に1度でも届いたのであれば最後もそこで終わりたかったものです。

シーズン3では目標を高く持って励みたいと思います。

f:id:tsppo:20170321135524j:image

次は最高レート出したら

PGLが反映されるまで待つか急いで画面キャプチャしようと思います。†戒め†

 

 

長くなりましたがここまで読んでくれた方々、及び対戦してくれた方々ありがとうございました。